レボノルゲストレルの添付文書を事前に読んでおきましょう

多色な薬

望まぬ妊娠を避けるための避妊薬、いわゆる緊急避妊薬として、2011年に発売開始された薬がレボノルゲストレルです。

避妊具を持参していなかったときや経口避妊薬を忘れていたときなどに使用することができるわけです。
もちろん、望まない妊娠というくくりでは、レイプ被害などの犯罪に巻き込まれたときのも有用で、性行為があってから72時間以内に1回1.5mgの服用が添付文書に記載されております。

レボノルゲストレルはノルゲストレルの異性体で、排卵抑制作用をもたらすことが知られており、そのほか受精阻害、受精卵着床作用阻害の効果があるのです。
臨床試験が行われた際の海外からの報告では成功率が84%といった高確率での効果が見込まれております。
この避妊薬は既に海外では十数年前から使用されており、WHOでも緊急避妊薬として指定されており、国際的な観点からも、既に認められた存在といえます。

人により個人差はあるものの、薬剤にはある程度の副作用が認められるようにレボノルゲストレルについても、これまでに消退出血を筆頭に、不正子宮出血、頭痛、悪心といった症状が確認されています。
服用の際には添付文書をよく読む、医師と充分話し合うなどの対処が必要です。